猫に舌を取られたの?

作ったもの、見たもの、読んだもの

「きほんのき」刺しゅう-レゼーデージー、ダブルレゼーデージーステッチ

レゼーデージーと、ダブルレゼーデージーです。

 

花びらのような、水の雫のようなステッチです。丸っこくなってる部分を糸で留める方法ですね。ダブルの方は、それを二つ重ねます。

f:id:dodewata:20190425155308j:plain

f:id:dodewata:20190522163021j:plain




糸の引き方が少し難しいですね。花びら部分をちょうど良さそうなゆるさにしてから留める目をキュッと引き締めると、花びら部分もかなり細くなってしまうんです。欲しい細さより緩めにしておいて引き締めるとちょうどいい感じ。どれくらい緩めるのかは、感覚で覚えるしかないですね〜。

 

 

イタリアに行きました

もう一か月以上経ちましたが、四月はじめにイタリアに行きました。

 

一つのところにゆっくりできなかったので、ほとんどの場所で有名な建物の外側だけをぱーっと見ただけ。もう一回、しっかり中まで見に行かなければ!という気分です。

 

ベネチアのサンマルコ寺院。

f:id:dodewata:20190509112501j:plain

 

ここは無料ゾーンだけ入って見てきました。ほとんど人が並んでない時間帯で、スーッと入れました。上に登ったり、宝物庫に入ったりは有料です。内部は写真撮影禁止なんですが、けっこう撮ってる人がいて、警備の人も気が付いたら注意する、みたいな感じでしたね。だめだよ~。メインの建物のモザイク画も見事ですが、前室の旧約聖書のモザイク画もかなり見ごたえがありました。

 

ベネチアは私が行ったときはどこも冠水していなくて、とても雰囲気の良い場所でした。ただ、やっぱり雨が続いたりするとすぐに沈んでしまうらしく、道や広場のあちこちに、冠水時に使う簡易の足場がたくさん置いてありました。

 

 

ピサの斜塔

f:id:dodewata:20190509112510j:plain

斜めになっている写真を撮ろうとしたのですが、無意識に建物に合わせてカメラを傾けてしまうみたいで、後で見てみたらまっすぐ建ってる写真ばっかり…。老若男女、どこの国の人も、斜塔を支えるポーズで写真撮ってました。

 

バチカン美術館

f:id:dodewata:20190509112519j:plain

ここは予約をしていたので何とか入れましたが、予約してない人は外まで延々長蛇の列!当然内部も満員電車のような混雑です。

 

全部をゆっくり見れたらよかったのですが、時間がなかったのでどうしても見たいシスティーナ礼拝堂ピエタだけを目標に。ただ、途中の廊下の天井画(上の写真)は思いがけず感動しました。すごい手の込みようですよね。これがずーーーーっと続くんです。

 

礼拝堂は写真撮影禁止ですし、祈りの場所なので私語もダメ!という放送が流れているのですが、うるさいうるさい。たまに「静かにしなさい!」という警備員の声で一瞬音量が下がるのですが、本当に一瞬。だめよ~。

 

ミケランジェロの天井画と壁画はさすがの迫力、だったのですが、まぁなんというか、大塚国際美術館のほうが…光量もあったので…ね。絵は、近くで見るとやはり本物の力を感じますけど、天井と壁まで遠いですからね。はい。

 

ピエタはガラス越しということは知っていたのですが、想像以上にガラスの奥に配置されていて残念。でも、やっぱり感動しました。高校生くらいの時に写真で見て以来、ずーーーっと本物を見てみたいと思っていたんです。 彫刻は遠くからでも迫力感じますね。

 

 

はじめに書いたように、まだまだじっくり見たかった。あれも見たかったし、あそこにも行きたかった!という気持ちですが、ざっとでも見れた、行けたことは本当にうれしく思ってます。絶対、また行きます!

屍人荘の殺人を読みました

 とっても面白かったです。

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

 

 グロテスクな場面もあるので、子供向けではないですが、ミステリ初心者に読んでほしいと思いました。

 

まず文章が非常に読みやすい。難解な熟語や、読者を惑わせる持って回った表現がありません。

 

また、謎解きミステリにおいて気を付けておくべき舞台装置について、はっきりと直接的に書いてあります。例えば、普通のミステリだと外開きのドアについて

 

「廊下に何か置いてあるようで、完全に開くことができない。」

 

みたいな描写が、もっと他に気になる事柄の説明に紛れ込ませて、さらっと書かれていたりしますよね。これでもまだわかりやすいくらい。ところがこの作品だと、主人公が舞台についていちいち説明してくれます。めちゃくちゃ安心仕様。

 

そして、初心者だけでなく、ミステリ好きの人も、きっと新鮮な気持ちで読めるはずです。こういう世界設定において、本格ミステリを展開するのか、できるのか。

 

 

シリーズ第二弾も出ているようなので、近いうちに読もうと思います。

 

魔眼の匣の殺人

魔眼の匣の殺人

 

 

「きほんのき」刺しゅう-シェブロンステッチ

「きほんのき」刺しゅう六回目、次はシェブロンステッチです。

 

なかなかおもしろいステッチですよね。枠線とかに使う感じでしょうか。

 

f:id:dodewata:20190425160740j:plain

 

針と糸があっちに行ったりこっちに行ったりするステッチは、針と糸の上下を間違えると刺しなおさないといけなくなるので、ちゃんと考えながらやらないといけないですね。

 

f:id:dodewata:20190425160548j:plain

↑これは上の横線を指しているところ。次に指すのは右下に下がる線、つまり今の目より次の目が自分に近くなるので、自分から遠い方に表に出てる糸を置いて、自分に近い方に針先を出す、の順番になります。(字で書くと分かりにくい…。)糸を自分の方におろして上(自分から遠い方)に針を出してしまうと、右下がりの線が横線を上からまたいでしまいますよね。何も考えずに、この向きで枠を手に持って刺してると、糸は下に落ちてくるので自分で糸を上にあげないといけません。

 

逆に、下の横線を刺すときは、次の針先は右上がりの線になるので、糸は下におろします。

 

当たり前といえば当たり前なんですが、ぼーっとしてると間違えるんですよね~。

 

 

「きほんのき」刺しゅう-ランニングステッチ

「きほんのき」刺しゅうも六回目です。この会は全六回なので、今回で終了です。途中なかなか手を付けられなかったので、延べ日数的には長くかかりましたね。作業時間自体はそれほど取られないので、気軽に始められる会だと思います。

 

さて、最終回はランニングステッチ、レゼーデージーステッチ、ダブルレゼーデージーステッチ、シェブロンステッチのレッスンです。

 

まずはランニングステッチ。いわゆる「なみ縫い」と同じですね。なので、まっすぐ刺すのであれば、刺しゅう枠にはめたままよりは、刺し子の時と同じように布を動かしながらのほうが刺しやすいし、きれいに目も揃う気がします。刺し進める線が曲がってるときはだめですけど。

 

 

f:id:dodewata:20190425160558j:plain

 

下書きがあるのに目がそろわないですねー。何につけ、いわゆる目分量的な物がものすごく苦手なので、下書きがなかったらどうなるのか…。 

「また、同じ夢を見ていた」

「 また、同じ夢を見ていた」を読みました。

 

また、同じ夢を見ていた (双葉文庫)

また、同じ夢を見ていた (双葉文庫)

 

 

本でも映画でも、なんならCMでもすぐ泣く私なので、この本も最初から最後までほぼ、泣いていました。

 

過去には戻れない。だけど今を自分の力で選び、未来に希望を持つことはできる。

 

若い人だけでなく、大人もぜひ読んでほしい本でした。

 

 

森博嗣のWシリーズも、ようやく読み終えました。

 

 

森博嗣さんの本の場合、読み終わった後に確たる思いが沸き上がることはないのですが、なんだかまた読みたくなるんですよね。たいていのシリーズが、登場人物の関係にほっこりさせて終わりになるところに、森さんの天邪鬼さを感じますけど、どうでしょう。

電子レンジ発酵パン

食材の賞味期限が近いので、贅沢にどんどん使おう運動中です。

 

今回は、ドライフルーツミックスとくるみをどさっと入れたパン。電子レンジ発酵です。

f:id:dodewata:20190425155258j:plain

 

10年以上前に、村上祥子さんの本でパンの発酵に電子レンジの弱を使うやり方を知りました。それ以来、ぱぱっとパンが作りたいな〜というときに作ってます。そんな話を友達にしたら、こういう本↓もプレゼントしてもらったり。8年ほど前のものですが、いまだにこの型で作ってます。

 

シリコンスチーム型つきパンレシピBOOK (扶桑社ムック)

シリコンスチーム型つきパンレシピBOOK (扶桑社ムック)

 

 

手ごねパンも作るの好きですし、気分に合わせていろんなやり方があるっていいですよね。

 

 

村上祥子さんのレシピは、一人暮らしの時に本当にお世話になりました。一人分を簡単に作れるのがとってもよかったのです。自分が持っていた本はどれだったかなーと思って探してみましたが思い出せない…。